交通事故で脳機能をもし失ったら

交通事故で脳機能を失ってしまったとしたら

交通事故で心配するべきなのは、交通事故によって発生するお金の支払いなどだけではありません。もちろん被害者側が受け取る慰謝料。その相談をする弁護士を選ぶことも重要ですが、まずは自分の身体を健康にすることが前庭条件です。
健康な頭でないと、事故のことをしっかり考えることも難しいですよね。
そして、交通事故にあってしまった影響で、すっかり頭に問題を残してしまって、考える力が落ちたことは言うまでもなく、以前は持っていた感情。これが希薄になってしまった人もいるそうです。
もしも、歩行者の立場で車が自分にぶつかってしまったとしたら、もしかすると頭に強い衝撃を受けてしまうこともあるでしょう。これによって受ける影響はさまざまです。
身体よりも、頭に受ける影響の方が怖いですよね。


交通事故後に感情が平板になってしまう人

交通事故にあってしまってから、すっかり感情が揺れ動くことがなくなってしまった人も少なくありません。それに、これを治療するのは簡単ではありません。身体の機能と違い、脳の機能を取り戻すのは難しいのです。
感情や、五感。視力や聴力などを失ってしまった状態で生きていくのは難しいです。もしそうなってしまったとしたら、この影響を補償してもらえるだけの金額を、それだけの遺失利益を受け取りましょう。
そして、精神的なショック。これを補償してもらうための慰謝料の請求も忘れてはいけません。


感覚を失った状態の人生

人生の目的なんて、生きる意味なんて無いとは思っていますが、得られる感動を失った状態で何かに触れること、例えば人と出会うこと、人と会話することはひどく寂しいです。
映画や本を読んだとしても、音楽を聴いたとしても感動が十全得られないとしたら、こんなに悲しいことはありません。
個人的な話をすると、何かの物語から得られる感動でどうにか人生を繋いでいるような気がしているので、もしも自分がこの力を損なってしまったとしたら、いくらの、何十億円の慰謝料を積まれたとしても納得できるものではありません。