盗まれた自転車での交通事故の場合でも責任はありますか?

盗まれた自転車での交通事故の場合はどうしますか?

普段の生活の中で事故に遭った人もいるでしょうし、逆に起こしてしまった人もいると思います。
気を付けながら生活をしていたとしても、ちょっとしたことがキッカケで交通事故が起きてしまう事もあるため、各々注意が必要です。
ただ、中には盗まれてしまった自転車で勝手に交通事故を起こされてしまい、請求を被害者側から求められた場合はどうするべきなのか。
カギをきちんとかけたりして管理に過失がなかったのに盗まれてしまった場合は、損害賠償を支払う必要はありません。


交通事故の支払い義務が生じるケースもアリ?

カギをきちんと抜いている人や厳重に管理しているにも関わらず盗まれてしまった場合は、支払い義務が生じることがありません。
しかし、いつも鍵を抜かずそのままつなげていたり放置したりしている場合は、盗んだ相手が交通事故を起こしてしまった場合、責任が問われる傾向が強くなっているみたいなので、充分気を付けるようにした方が良いでしょう。
これは自動車にも同じことが言えて、きちんと管理していたのかどうかという部分が重要なポイントになってきます。


専門家を味方につけて意見を述べる

盗まれてしまって自分には責任がない場合、自分の力だけで押し通すことは難しい事だと思います。
交通事故に関する出来事が起きてしまった場合は、速やかに弁護士へ連絡をして事実を述べて調書などを作成してもらう必要があります。
弁護士はあなたの話を聞いて真実を明らかにしてくれますから、きっと心強い味方になってくれるはずです!