交通事故で弁護士を呼ばなかったら危ないの?

交通事故で弁護士を呼ばなかったらどうなるの?

交通事故にあった場合には保険会社や弁護士に連絡しなければなりませんが、それを怠った場合にはどのようなデメリットがあるというのでしょうか。
今回はそんな疑問にお応えするために交通事故後に第三者を呼ばなかった場合のデメリットをご紹介。
自分一人で解決しようとすると思わぬ結果を招くことがあるのでご注意を。


交通事故に遭った際に弁護士を呼ばなかったら

交通事故にあって誰にも連絡せずに当事者だけで解決しようとした場合に考えられるのは、まず相手からかなり騙し取られてしまうといった可能性です。
当事者同士の話し合いでは相手に騙されてしまった場合に証明してくれる人はいません。なので、こちら側が被害者だと主張しても信じられないといったこともあるのです。
また、その場では良くても後日になって後遺症が現れるというのもよくある話です。
そのため、被害者であっても加害者であっても第三者を交えて話したほうが、確実に慰謝料を貰ったり騙し取られたりすることもなく済むのです。


保険会社だけでは危険なのでご注意を

交通事故にあった人の中には保険会社の人を呼んで満足してしまうという人も多いでしょう。
しかし、冷静に考えると保険会社の人たちは完全な味方ではないということが分かるはずです。
なぜなら、保険会社側からするとなるべくお金を保障したくはないからです。
そのため、保険会社の人だけを呼んで安心していたのでは受け取り金額も少なくなりがちなのです。
しっかりと保証された金額が受け取れるように交渉してくれる弁護士を呼ぶのも重要となります。